Webライターで月収100万円

WebライターはWebディレクターを目指すべき?

Webライターとしてある程度の経験を積んだら、Webディレクターを目指す道もあります。Webライターとしてのお仕事を突き詰めるか、Webディレクターを目指すか、どちらがよいのでしょうか。

本記事では、筆者の経験を元に(主に収入面から)書いていきたいと思います。

Web界のフリーランス構造

そもそも、WebライターとWebディレクターはどのように違うのでしょうか。

この点、StockSun株式会社の株本社長の書かれているWeb界のフリーランス構造が参考になります。

この図によると、WebディレクターはWebライターの上位階層にあって、概ね月収70~120万円程度を目指せることがわかります。

一方、Webライター月収70万円程度(1日4万円程度)が限界とされています。

もちろん、頑張り次第でもっと収入を伸ばすこともできますが、数年Webライターとして仕事に取り組んできて、概ねこの内容は合っているかと思います。

Webディレクターになると一時的に給料は下がる

筆者も、Webライターとして独立してすぐの頃、Webディレクターを目指して動いてみました。

実際にWebディレクターのお仕事を担当させていただいたこともありますが、当然ながらWebディレクターとしての経験がないため当初のお給料はWebライターより低くなります。

Webディレクターになれば、Webライターより最大報酬を大きくできる可能性がありますが、実際のところ、それには数年かかるように感じました。

仕事力を挙げるなら断然Webディレクター

結局、筆者はお給料が下がることと、Webライターとしてのお仕事が好きだったことから、Webディレクターは一旦諦めて、Webライターとして仕事をしていく道を選びました。

ただ、Webディレクターはライターやエンジニア、デザイナーなどに仕事を発注する立場になるわけで、将来的な仕事力や影響力を考えるのであれば、例え一時的に給料は下がろうとも、Webディレクターを選んだ方がよいでしょう。

もちろん、筆者もこれからまたWebディレクターとしてのお仕事を貰えるようであれば挑戦してみたいと思っています。

なお、筆者がWebディレクターを一旦諦めた理由の一つに、地方在住であることがあります。

経験を積んだWebディレクターであれば地方在住・リモートでも仕事はあるでしょうが、未経験のWebディレクターが経験を積んでいくのには、地方在住では厳しいように感じました。

デザイナーやエンジニアへの横展開はするべきではない

独立後、Webディレクターを目指すのと同時に、WebデザイナーWebエンジニアとしてもお仕事を取れないかと思い、一時期それらについて勉強していました。

しかし、そのいずれを選ぼうとも最初は低い収入から始まるし、その道で一人前になってもWebライターとそこまで大きく収入が変わるわけでもありません。

もちろん、ライター×エンジニア、ライター×デザイナーなど、掛け合わせることで市場価値を高めることができるかもしれませんが、そんなに効率がよいわけでもないでしょう。

エンジニアやデザイナーに特別に興味がある場合は別ですが、単に収入のためにというわけであれば、デザイナーやエンジニアへ横展開するより、ライターとしての道を究めたほうがよいはずです。

時給ではない仕事を創るべき

Webライターとして仕事に取り組んで来た人が、ステップアップとしてWebディレクター(もしくはWebデザイナー、Webエンジニア)を目指すことの是非について書きました。

中でも、WebディレクターはWebライターの上位階層になるため、目指す価値はあるでしょう。

ただ、(いずれの仕事を選ぼうと)仕事を変えてからしばらくは収入が下がってしまうことは避けられません。

そもそも、どの仕事も基本は時給のお仕事、つまり何時間働いてお給料をいくら貰えるという仕事なので、「時間あたりいくら貰えるのか」がポイントになるのはしょうがありません。

(もちろん、1記事○○万円など正確には時給ではありませんが、実際のところ時給とそう変わらないでしょう。)

現在、筆者はWebライターとして時給のお仕事をして最低限の収入を確保しながら、時給ではない仕事を創っていくことを目指していきたいと思っています。

この辺に関しては、成果が出ていないので、どうなるか分かりませんが、形になることがあればこのサイトでもまた書いてみたいと思います。