副業ライティングで確定申告するのに必要な書類や手続き

副業Webライターの税金

本業として給与収入がある人が、副業ライティングに取り組み年間の合計所得が20万円を超えた場合、翌年の2月16日~3月15日までの間に確定申告をする必要があります。

ライティングの副業では雑所得で計上することになりますが、どのように申告を進めれば良いか分からない方も多いでしょう。

今回はライティングの副業で確定申告するのに必要な書類や手続きについてお伝えします。

 

 

ライティングの副業で確定申告する必要書類と手続き

本業を持ちながら副業で確定申告するには、最初に必要書類を揃え、確定申告書類を揃え、期限内に税務署に提出する必要があります。

 

本業の源泉徴収票を用意しよう

本業で給与収入がある方は、勤め先から、年始に前年1年間の収入の分かる源泉徴収票を受け取っているはずです。

確定申告の際はまずこの源泉徴収票が必要になるので事前に準備しておくようにしましょう。

原本を提出する必要があるため何かの時のためにコピーを取って置き、保管しておくと良いでしょう。

他に原本を提出する予定であれば会社の経理に言えば作成してくれます。

 

確定申告書類を作成しよう

いざ、確定申告の時期になれば各自治体ごとに確定申告会場が設置され、分からないことなど確定申告会場で現地のスタッフに聞きながら書類を作成することができます。

とはいえ、毎年確定申告会場はかなり混み合うので可能であれば自宅で確定申告書類を作成してしまいましょう。

国税庁の国税電子申告、納税システム(e-tax)を利用すれば自宅で確定申告申請書を作成し、作成した申請書をプリントアウトして税務署に持ち込むだけで申告を終わらせることができます。

また、住民基本台帳カードとカードリーダー等を用意できれば自宅にいながら申告を済ませることも可能です。

 

給与所得の入力と雑所得の入力をするだけ

本業の他に副業ライティングに取り組んでいるだけの人は、源泉徴収票を見ながら給与所得の入力と、1年間の雑所得による収入と経費を計算して雑所得の項目に入力するだけで申請書を作成することができます。
なお、雑所得の計算上必要な収入の計算は、年始にクライアント様から支払調書を貰える場合と、そうでない場合とがあります。

いずれにせよ、毎月の請求書等で支払い先毎に収入額の合計を毎月計算しておくようにしましょう。

↓経費についてはこちらで解説しています。

副業ライティングでも経費を計上できる?雑所得と経費について解説

雑所得の経費の計算上、領収書は必要だけど提出する必要はない

雑所得の経費の計算ではそれぞれの経費について証明できる領収書が必要となりますが、確定申告の際は領収書を提出する必要はありません。

計算の結果を雑所得の経費の欄に入力するだけです。
とはいえ、これら領収書は後日税務署からお尋ねがあった際の説明資料となるため、経費の計算は必ず領収書に基づいて行い、減価償却や按分割合についてしっかり説明できるようにしておきましょう。

領収書と同様、クライアント様から頂いた支払い調書等も提出する必要はありませんが、自宅に保管しておく必要があります。

 

↓確定申告はクラウド会計ソフトfreeeの利用が便利です。

freee

↓稼ぎが少ない内は無料のクラウド会計ソフトがオススメ。

やよいの白色申告オンライン

 

副業の税金

  1. 副業の年間所得が20万円を超えると確定申告して税金を支払う必要がある
  2. 副業ライティングでも経費を計上できる?雑所得と経費について解説
  3. 副業ライティングで確定申告するのに必要な書類や手続き
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業Webライターの税金
副業ライティングでも経費を計上できる?雑所得と経費について解説

本業で会社に務めている場合、自分で確定申告したことがないという方は多いでしょう。 クラウドワークスを …

副業Webライターの税金
副業の年間所得が20万円を超えると確定申告して税金を支払う必要がある

ライティングの副業で収入を得ると、税金について気になる方もいらっしゃるでしょう。 本業がある方は本業 …