副業ライティングでも経費を計上できる?雑所得と経費について解説

副業Webライターの税金

本業で会社に務めている場合、自分で確定申告したことがないという方は多いでしょう。

クラウドワークスを利用した副業では会社から貰っている「給与所得」とは異なり「雑所得」で申告することになります。

「雑所得」では仕事に取り組むにあたり発生した費用を「経費」として計上することができるので上手に活用していきましょう。

 

 

雑所得の所得は収入から経費を差し引いたもの

副業ライティング等の雑所得の場合、所得は収入から経費を差し引いたもののことを言います。

収入から経費を差し引いた所得に対して税金が課されるため、所得は少なければ少ない程、つまり経費は多く計上すればするほど支払う税金を安く抑えることができます。

なお、本業以外に収入がある場合その収入が20万円以下であれば確定申告をする必要がありませんが、例え収入は25万円あっても経費が5万円以上あり、所得が20万円以下であれば同様に確定申告をする必要は無くなります。

 

全てが経費と認められるわけではない

経費として認められるのはその収入を得るためにかかった費用のみで、全ての費用が経費として認められるわけではありません。

副業ライティングの場合、取材時の飲食代打ち合わせ代交通費書籍の他、パソコンの購入費用プロパイダ料、自宅で作業をするのであれば光熱費等を計上することができます。
これらの経費は領収書を保管しておく必要があります。

 

副業ライティングで経費として考えられる項目

  • 通信費・・・電話代やプロパイダ費用、インターネット回線料など
  • 取材費・・・記事作成のための取材に要した費用
  • 交通費・・・取材や打ち合わせのために要したもの
  • 書籍・・・記事作成のために使った資料用の書籍や新聞、雑誌など
  • 設備費・・・パソコンやプリンタ、デジカメなど
  • 家賃・・・事務所や自宅の家賃
  • 光熱費・・・事務所や自宅の光熱費

 

1品10万円以上のパソコンに要注意

文章を書くためのパソコンや取材用のデジカメ、書類を印刷するためのプリンタ等の設備費用は経費として計上することができますが、これらは価格によって経費の計上の仕方が異なるので注意が必要です。
具体的には、価格が1品10万円以下であれば少額減価償却資産として1年間で計上することが可能で、10万円以上20万円以下の場合一括償却資産として3年間に分けて、20万円以上の場合4年間に分けて計上することになります。

例えば、9万円のパソコンを購入した場合、その年に9万円経費として計上できますが、12万円のパソコンを購入した場合、3年間に分けて4万円ずつ、20万円のパソコンを購入した場合は4年間に分けて5万円ずつ計上することになります。

 

光熱費や通信費は按分する

自宅のパソコンで副業ライティングをしている場合は、光熱費や通信費を計上することもできますが、自宅の場合、普段の生活で利用している費用と副業で利用している費用とで分けて考える必要があります。

自宅の光熱費や通信費を経費として計上する場合、これら利用割合を算出して按分する必要があります。

例えば、光熱費や通信費で年間10万円程度の出費だったとして、その内副業として利用してる時間が30%程度であれば3万円を経費として計上できることになります。

↓確定申告はクラウド会計ソフトfreeeの利用が便利です。

freee

↓稼ぎが少ない内は無料のクラウド会計ソフトがオススメ。

やよいの白色申告オンライン

副業の税金

  1. 副業の年間所得が20万円を超えると確定申告して税金を支払う必要がある
  2. 副業ライティングでも経費を計上できる?雑所得と経費について解説
  3. 副業ライティングで確定申告するのに必要な書類や手続き
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業Webライターの税金
副業ライティングで確定申告するのに必要な書類や手続き

本業として給与収入がある人が、副業ライティングに取り組み年間の合計所得が20万円を超えた場合、翌年の …

副業Webライターの税金
副業の年間所得が20万円を超えると確定申告して税金を支払う必要がある

ライティングの副業で収入を得ると、税金について気になる方もいらっしゃるでしょう。 本業がある方は本業 …