稼ぎ続けるためにお金以外の楽しみや目的を見つけよう

ライティングの心得

最初の内はお金をモチベーションとしてお仕事を受注し、更なる受注額アップを目指して活動していましたが毎回同じような仕事で、しかも本業が終わった夜の時間を使っての副業となるとお金だけでは続かないというのが本音です。

それでも続けられているのは、ライティングの副業はお金の他にも得られることがあるからです。

 

 

引き受けたお仕事の分野の知識がつく

僕は株式投資や不動産を中心に、コンテンツマーケティングやらIT系のお仕事を引き受けているのですが

慣れ親しんだジャンルにしろ、新しいジャンルにしろ引き受けたお仕事の分野の知識がついていくのが

ライティングの副業の良いところだと思います。

僕の場合、本業が不動産関係なのでそのまま本業に活かせていることも大きいと思います。

将来的にはIT系やらコンテンツマーケティングやら本業以外でも専門分野なみの知識をつけていきたいです。

良い仕事をしたらクライアント様から評価を受けることができる

副業とはいえ、プロ意識を持って取り組み、クライアント様に満足していただけると、

継続していお仕事を貰えたり、報酬に色を付けてもらえたりします。

直接お客様にモノを売ったり、お客様から評価を貰えたりする仕事ではないのですが

こうしたクライアント様からの評価はお仕事を続けていく上で大事な部分だと思います。

仕事を続けていくからには、誰かの役に立ちたいですよね。

 

大手企業のお仕事も引き受けることができる

クラウドワークスで募集されているお仕事の中には、誰もが知っている企業様がクライアントとなっている案件もあります。

これは人にもよるかと思いますが、過去に自分も入りたかった大手企業様とお仕事ができることもあります。

(今では全然入りたいとは思わないですけどね。)

僕は現在地方在住ですが、2~3年前に東京での就職を目指して就職活動していた時期がありました。

その時に「ここに入りたい」と思っていた企業や、それと似た企業とお仕事できることもあるのです。

このように、クラウドワークスでのライティング業務にはお金以外にも得られるものがあります。

個人的に、「お金を稼ぐこと」を目標にすることが報酬額アップにはもっとも良いと思っていますが、

どう優先順位をつければ継続して続けられるかは人それぞれかと思います。

まずは、自分が楽しく継続して進められることが大切でしょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ライティングの心得
高い報酬を得るために過去の作品や実績を名刺代わりにしよう

クラウドワークスや、その他どんな媒体でも構いませんが引き受けた仕事は次の仕事を引き受けるための名刺代 …