副業Webライターで月収100万円

副業Webライターが月収30万円稼ぐ方法

副業Webライターで月収30万円達成するための方法は、月収5万円達成するための方法と月収10万円達成するための方法の延長線上にあります。

一方で、文字単価3円以上の案件が中心になってくれば楽に月収30万円を達成できますが、こちらは案件の探し方に工夫が必要です。

ここでは、それぞれの方法を解説していきます。

副業Webライターで月収30万円稼ぐための3つのポイント

筆者は副業Webライターを始めて1年半で月収30万円を達成することができました。

この月はクラウドワークスの報酬ランキングで週間4位、月間8位を獲得しています。

僕はWebライターで月収30万円稼ぐために、

  • 高単価の案件をまとめて受注する
  • 複数のサイトを運営している業者様に登録しておくこと
  • 常に文字単価を上げる努力をすること

の3つに注目して取り組みました。

文字単価1円以上の案件を大量受注する

月収5万円稼ぐ戦略と道標でもお伝えしましたが、収入を上げるためにはまとまった数の案件を受注することが大切です。

それも、月収30万円稼ぐためには高単価の案件をまとめて受注する必要があります。

クラウドワークスで募集されている案件の中には、「30記事まとめて発注」「200記事まとめて発注」といった案件があります(案件数としてはそう多くないため気長に探すことが大切です)。

まとまった数の依頼を受注することのメリットは、通常の 案件検索 → 依頼内容交渉 → お仕事受注 → 納品 というプロセスを省略できるところにあります。

また、記事作成に必要な時間や頭に入れておくべき知識も最初に把握できるだけすきま時間で取り組めるという点もメリットになります。

複数のサイトを運営している業者さんに登録しよう

クラウドワークスで募集されている案件の中には、「複数の依頼内容があります」といった案件もあります。こうした業者さんのテストライティングに合格しておくと、時間の空いた時に案件を受注することができます。

自分の専門分野の案件の募集があれば取り組めますし専門分野以外の案件を1記事だけ受注するといったやり方も可能になります。

文字単価1円以上からさらなる単価アップを目指そう

案件を探すにあたり、報酬を妥協しないことが大切です。

今まで何度か触れているように、案件の中には同じような内容で一方は文字単価0.3円、一方は文字単価1円といった内容で募集されているものが多く見られます。

どうせ仕事に取り組むのであれば、できるだけ高い単価で、できるだけ時間をかけて良い記事を作成したほうが良いでしょう。

最初に月収30万円を達成した時の内訳

2016年5月に月収30万円を達成しましたが、その中には記事単価500円(1,000文字)のものから、7,000円(3,000文字)のものまであり、多くは3,000円~5,000円(2,000文字~3,000文字)の案件を受けていました。

記事数は1カ月で108記事です。1日3~4記事は書いていた計算ですね。お休みはほぼ記事作成に時間を使っていました。

ただ、最後らへんは「月収30万円達成するぞ」という目標を持って取り組んでいいたため無理しちゃいましたが、今月からはもう少し楽に達成できるんじゃないかなーと思っています。

文字単価3円以上で月収30万円を目指そう

副業Webライターで月収30万円を余裕を持って稼ぐためには文字単価3円以上は欲しいところです。文字単価3円以上であれば、5,000文字の案件を20記事書けば月収30万円を達成できます。

週に2回お休みがあるとすれば、1休日につき2記事書けば良いので比較的余裕のあるスケジューリングです。

それでは、文字単価3円以上の案件を受注するにはどうすれば良いでしょうか?以下の3つの方法では、実際に筆者が文字単価3円以上の案件を受注させていただいています。

クラウドワークスやランサーズで受注する

数は多くないですが、クラウドワークスやランサーズでも高単価の案件はあります。

粘り強く特定のジャンルでのお仕事を受注し、知識と経験を重ねつつ単価アップを目指していくと良いでしょう。

なお、高単価の案件を発注しているクライアント様は限られているので、見かけたらフォローしておきましょう。

まだ登録してない方はこちらから

ウーフー(GMO)に登録する

GMO様の運営するウーフーは高単価の案件がウリで、登録しておくと案件をご紹介いただけます。登録プロフィールには自分の得意分野をしっかりと明記しておくと良いでしょう。

ウーフーからご紹介いただくクライアント様は上場企業や有名企業が多いのも特徴です。

Twitterを活用する

Twitterを活用して案件を見つけるのも一つの方法です。

Twitterでは、Webサイトを運営されている方や広告代理店の方、編集者の方等が直接ライターを募集していることがあります。

そうした方を探すには、「ライター募集」といったワードで検索をかけるとよいでしょう。

なお、上記以外の方法にも以下の記事で紹介しているサービスを利用してみるとよいでしょう。

クラウドワークスやランサーズ以外でお仕事を受注する方法11選