副業Webライターで月収10万円稼ぐために専門性を磨く

副業Webライターで月収10万円稼ぐ方法

副業Webライターで月収5万円稼げるようになったら、次は10万円を目指しましょう。

そのための一つの方法として、専門性を磨いていくことが大切だと考えています。

 

月収10万円稼ぐために専門性を磨く

僕は、週末や仕事終わりの細切れ時間を利用して月10万円稼ぐためには、専門性を磨くことが大切だと考えています。

 

月収10万円稼ぐために何記事書けば良い?

それでは、月収10万円稼ぐためには何記事書けば良いのでしょうか。

 

休日に3記事書くことを目標にするとして、週2回休日があれば、月間で24記事~30記事程度の記事を書ける計算になります。

 

25記事程度で月間10万円稼ごうと思えば、1記事の報酬を4,000円獲得する必要があります。

また、クラウドワークスを利用すると20%の手数料を取られるため、記事単価としては5,000円の案件を受注する必要があります。

記事単価5,000円の案件を受注するため専門性を磨く

記事単価5,000円前後の案件は、クラウドソーシングサイトで募集されている案件の中では「高単価案件」と表示され、応募数も多くなりがちです。

応募者の中からクライアント様から選ばれるためには、実務経験があったり、過去にその分野でクオリティの高い記事を作成していたりして、作品を提出する必要があります。

 

そのため、特にクラウドソーシングサイトで記事単価5,000円程度の案件を受注するためには実務経験のある分野のお仕事を受注するか、1つの分野で記事作成の経験を積むことが大切です。

逆に、一定の専門性を身に着けることができれば、1記事5,000円程度の案件は比較的簡単に受注することができるようになります。

 

1つの案件を受注することができ、納期と品質を守って納品していればその後の継続受注にもつながります。

記事単価5,000円の案件を30記事受注することも可能です。

こうなると、月収10万円を毎月達成することはそう難しいことではなくなります。

 

写真やイラスト、グラフも作成できるようになろう

記事単価5,000円程度のお仕事では、写真やイラストの作成、文中に挿入するグラフの作成まで任されるもの多いです。

 

ただ画像やグラフを挿入すれば良いわけではなく、分かりやすい表現が求められます。

とはいえ、過去にそうしたものを作成したことがなくとも大丈夫です。

 

写真やイラストはフリー素材から探せますし、グラフもWordやExcelを使えば作成するのは簡単です。

依頼内容に合わせて積極的に取り組んで行けば自然と身に付くはずです。

副業Webライターで月収10万円稼ぐ方法

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業Webライターで月収10万円稼ぐ方法
副業Webライターで月収10万円稼ぐために稼げるジャンルを選ぶ

クラウドワークスのライター業務で月10万円稼ぐための1つの方法として稼げるジャンルのお仕事を受注する …