副業Webライターが月収5万円稼ぐ方法

Webライターで月収5万円稼ぐのは簡単ですが、意識して取り組まないといけないポイントがいくつかあります。

ここでは、月収5万円稼ぐために実際に筆者が気を付けたことを中心にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

まずはクラウドソーシングサイトに登録しよう

Webライターとして活動を開始するにあたり、まずはクラウドソーシングサイトに登録しましょう。両方登録しても良いですし、どちらか片方でも構いません。

初心者でも稼げるクラウドソーシング~クラウドワークス

受注しやすいシステムで評判のクラウドソーシング~ランサーズ

有名なクラウドワークス、ランサーズ以外に以下のようなサイトもあります。

クラウドワークスやランサーズ以外のクラウドソーシングサービス7選

タスク形式で仕事を受注する

最初にタスク形式でいくつか仕事を受注してみましょう。

額は小さいですが、初めて自分の力でお金を得たようで感動した覚えがあります。

受注の流れは、こちらで解説しています。

初心者でも稼げるクラウドソーシング~クラウドワークス

プロジェクト形式で仕事を受注する

タスク形式でいくつかお仕事をこなし、慣れてきたらプロジェクト形式で仕事を受注してみましょう。

プロジェクト形式で仕事を始める流れについてもこちらで解説しています。

初心者でも稼げるクラウドソーシング~クラウドワークス

1記事でもらえる報酬(記事単価)を上げる

クラウドソーシングサイトでの受注に慣れたら、月収5万円を達成するために1記事でもらえる報酬(記事単価)の大きな仕事を探しましょう。

執筆スピードが重要

月収は以下の式で計算できます。

記事単価 × 月間執筆数 =  月収

月収を上げるには「記事単価」「月間執筆数」を伸ばす必要があります。

しかし、副業ライターでは記事執筆に取り組める時間に余裕がないため、1記事の執筆にかける「執筆スピード」を早くする必要があります。

この「記事単価」と「執筆スピード」を組み合わせた「時間あたり単価」を意識して取り組むことで月収を高めることができます。

時間あたり単価=記事単価÷執筆スピード

「執筆スピード」を上げる方法

それでは、具体的に執筆スピードを上げるにはどうすれば良いのでしょうか。

最初、僕が受注した案件の「報酬単価」は1記事300〜500円(1,000文字程度)で、「執筆スピード」は1時間~2時間程、「時間あたり単価」は、150円~500円程でした。

しかし、同じ仕事を受注しつづけていく内に1つの記事にかけられる時間は徐々に短くなっていきました。

最終的には、早い時で「時間あたり単価」1,000円程度までは高めることができました。

「執筆スピードを上げる」という点に関しては、「同じジャンルの記事をたくさん書く」ことが一つの答えになります。

また、「自分の趣味」や「過去に仕事で携わった分野」など、すでにまとまった知識を習得している分野から入るのも良いでしょう。

筆者の実例(月収2.8万円の達成)

「執筆スピード」を高めれば、「時間あたり単価」が上がります。

僕の例をお伝えすると、「参考書の解説文作成」のお仕事を記事単価700円で受注していました。

このお仕事は問題ついての知識が既にあれば、1つの案件にかける時間は短くて済む所が良いところでした。

記事単価700円のお仕事を1時間で書けたので、時間あたり単価は700円でした。

週末2日間、5時間の記事執筆で5時間×2日間×10時間×4週間=40時間。

僕はこのお仕事で40時間×700円=月収28,000円とすることができました。

大量案件は稼ぎやすい

月収を高めるためには、大量案件に案件があることも大切です。

大量に案件があるお仕事は、記事執筆のルールや必要とされる知識も同じで、取り組めば取り組むほど知識が蓄積し、掛ける時間や負担は少なくなっていきます。

こうしたお仕事を1つ持てると収入は安定します。

筆者の実例(月収5万円の達成)

次に受注した案件は、物販の副業に関するもので100記事(1記事500円/1,000文字)納品するものでした。

これまで1ヶ月で1,000文字のものを100記事書いたことはありませんでしたが、まとまった量のお仕事をいただける案件は大きな収入になる、という点で魅力を感じました。

一般的な流れとしては数記事受注して納品→クライアント様の確認→訂正が無ければ検収→次のお仕事を受注しますが、これでは1ヶ月に100記事を受注するのは難しいでしょう。

記事単価が安くとも、まとまった記事数の受注ができるかどうかもポイントとなります。

(実際には、1ヶ月で100記事納品は結構きつかった記憶がありますが…)

1文字=1円より3,000文字2,500円?

執筆スピードを上げるのは大切ですが、それでも1ヶ月に100記事の納品は副業ライターとしてはなかなかきついものがあります。

そこで、「報酬単価」アップを目指す必要がありますが、月収5万円を目指すのであれば「文字単価」よりも「記事単価」を上げた方が効率的です。

月間30記事で月収5万円が目標

物販副業の記事執筆で月収5万円を達成したので、今後も月収5万円を目標にしたいと考えていました。しかし、記事単価500円ではまた月に100記事もの記事を作成しなくてはなりません。

そこで、次は記事単価1,000円以上の案件だけ受注することを目標としました。

そうすると、例えば1,000円×10記事、2,000円×10記事、3,000円×7記事の計27記事で合計51,000円となります。

休日を利用して記事作成に取り組むとなると、週2日の4~5週間で8日~10日程度、1日の記事作成数は3記事程度が良いと考えていたので、合計24~30記事。

休日に記事執筆に取り組むだけで月収5万円を達成することができる計算です。

「文字単価」より「記事単価」で判断する

「記事単価3,000円以下の案件」では、1文字~円という「文字単価」より、1記事~円という「記事単価」を重視したほうが効率的です。

僕は、記事執筆にあたり全体の構成を考える時間に一番時間が掛かります。

逆に、構成が完成してしまえば2,000文字の案件と3,000文字の案件の執筆にかかる時間にそこまで大きな違いはありません。

例えば、2,000字2,000円(文字単価1円)の案件と、3,000字2,500円(単価0.83円)の案件でかかる時間が変わらないのであれば後者の方が「時間辺り単価」は高くなります。


クラウドソーシング「ランサーズ」

ジャンル選びについて

月収5万円を目指すにあたり、案件のジャンル選びで気を付けたいポイントをお伝えします。

本業と関わりのあるジャンルがオススメ

先にお伝えした参考書記事作成の案件を例にすると、このお仕事は以下のような良い点がありました。

  • 記事単価700円。
  • 案件が大量にある。
  • 記事執筆に時間が掛からない。
  • 毎年一定の案件がある

このお仕事を受注し続けていれば、一定の収入を確保することができました。

しかし、僕は2カ月程でこのお仕事を受注するのを辞めました。それは、本業との関わりが希薄だったからです。

なぜ、本業との関わりが薄い案件を辞めたかについては以下のような理由があります。

高単価の仕事を早く受注できる

本業と関わりのあるジャンルの案件を受注するメリットの一つは単純に高単価案件を受注できるということです。

本業で得た経験を記事にすることはNGのケースもあるでしょう。

しかし、例えば僕の本業である不動産業であれば、不動産売買のノウハウや基礎知識程度であれば問題ないでしょう。

実際の実務経験から語られる基礎知識やノウハウは、実務経験のない人が書く記事より説得力あるものになり、高単価の案件を受注しやすいです。

副業Webライターで永く仕事ができる

僕は本業を持ちながら副業をやるのであれば、双方少しでもプラスになる仕事をしたいと思っています。

本来であれば仕事の勉強をしたり、翌日の仕事のために休息を取ったりする時間を副業Webライターとして仕事をするからです。

また、副業Webライターが、ただ体力を消耗するだけの時間になると、本業に悪影響が出てしまい、本業を続けられなくなるかもしれません。

副業Webライターで本業に関わりある仕事をすることで、長く副業Webライターとして活動し続けることにつながります。

ジャンル検索は検索窓にジャンル名を入れるだけ

クラウドワークスやランサーズでお仕事を探す際、案件を絞り込むには検索窓に検索したいワードを入力するだけで絞り込めます。希望するジャンル名を検索窓に入れましょう。

好きなジャンルを選ぶべき?

次に、そのジャンルが好きか好きでないかということも大切です。筆者が実際に取り組んだ2つのジャンルについて書きたいと思います。

インテリアに関する記事執筆

1つはインテリアに関する記事執筆のお仕事です。

  • 1記事の記事執筆料が300円
  • 1週間に作成する記事数が800字10記事

インテリアに関する記事執筆のお仕事は、多少本業に関する内容ということもあり比較的取り組みやすい内容でした。

一方、個人的にはインテリアにあまり興味がなく、どちらかというと好きではないジャンルでした。

このお仕事は記事執筆料が安かったということもあり、取り組んでいく内に記事執筆に苦痛を感じるようになってしまい、始めて2~3ヶ月で辞めてしまいました。

一生懸命作成した記事のクオリティが自分で見てもあまり高くないことが分かる程で、これも苦痛を感じる一因だったと思います。

不動産売買ノウハウについての記事執筆

もう1つは、不動産売買のノウハウに関する記事作成のお仕事です。

  • 1記事の記事執筆料が500円
  • 1週間に作成する記事数は1,000字3記事

この案件は、本業にも活かせるお仕事で、好きなジャンルということもあり楽しくお仕事を受注できていました。

内容についても問題なく、毎週新しい知識を得ることもできていると感じていましたし、週に3記事程度の納品という頻度も適度な量と感じていました。

好きなジャンルの案件を受注することで興味を持って案件に取り組み、良い記事が書け、クライアント様にも喜んでもらえるという良いスパイラルが出来ていたと思います。

一方、好きじゃないジャンルだと例え報酬が良かったとしても記事執筆に余分に時間がかかり、また記事の質も低いとクライアント様の低評価につながり、楽しく続けることができなくなります。

楽しく続けるためにも、自分の好きなジャンルの案件を受注することが大切だと思います。

報酬の低いお仕事はお断りする

クライアント様と永くお付き合いしていると、次から次にお仕事の受注を頂くことができ、辞め時が難しいものです。

しかし、収入を上げようと思ったら、自分の実力がついたと思った段階で報酬の低い仕事をお断りすることが大切です。

報酬と難易度はきれいに比例するわけではない

Webライターのお仕事では記事単価と記事執筆の難易度はきれいに比例するわけではありません。

ある程度は比例しますが、例えば1記事500円の仕事と2,000円のお仕事で難易度に4倍の違いはありません。

クライアント様によっては、2,000円のお仕事より500円のお仕事の方が難しいことさえあります。

予算の大きいクライアント様を見つけよう

クライアント様と永くお付き合いをしていると報酬アップしてくれることもありますが、クライアント様にも予算があります。

1記事500円の案件で、どれだけ素晴らしい記事を書いたとしても2,000円までの単価アップはなかなか難しいでしょう。

一方、最初から1記事2,000円の記事単価で予算を組んでいるクライアント様であれば、クライアント様にご納得いただける記事を書くだけで2,000円の報酬を受け取ることができます。

とはいえ、500円のお仕事より2,000円のお仕事の方がレベルの高いライターさんが集まるため、競争は激しくなります。

応募の際は過去の実績をしっかりと示せるようにしましょう。

行き詰ったら一度全て断ってみるのも良い?

僕は1カ月に100記事の記事を書いたことで疲れ切ってしまい、その時引き受けていた全てのクライアント様との契約を打ち切ったことがありました。

(引き受けている分は納品してから、次のお仕事は引き受けなかったということです。)

この時は記事単価の低いお仕事しか受けていなかったため、その全てを断ることになり、結果として再開した時には全て以前より高い記事単価で仕事を受注することができました。

実際、この後受注したお仕事のほとんどは記事単価2,000円以上となりました。

記事単価平均2,000円であれば、週末2日で3記事ずつ25記事作成すれば月収50,000円を超えます。

ある程度記事作成になれてきたら、次のステップとして、記事単価を上げるため、記事単価の低いお仕事を一度断ることが必要です。

さらに単価の高いお仕事を受注しよう

こうした中、さらに報酬単価の高い案件の受注をすることになりました。この案件は、1字辺りの単価も3倍程でした。

記事執筆は文字単価ではなく、記事単価で考えるべきと書きましたが、このお仕事は、記事単位の報酬ではなく、執筆した文字数に応じて報酬をいただけるシステムとなっており、今までの数倍の報酬をいただくことができました。

この案件に応募する時、正直「自分にはまだこのレベルは早いのではないか」と思いました。

採用していただいた後も、その単価に見合うだけの記事が書けるように勉強もしました。

しかし、今となって思えば、この案件も記事単価と記事作成の難易度は必ずしも比例しているわけではないと感じます。この案件を受注した月は、月収もいつもの2倍程になりました。

月収5万円は誰でも達成できる

クラウドワークスやランサーズで月収5万円を達成することは誰にでもできます。僕は途中で100記事@500円のような案件も受けましたが、それがその後の報酬アップにもつながりました。

1度達成したことは次に達成するのも簡単です。

もし、月収5万円をどうしても達成したいという人がいるのであればその方法は簡単です。

僕のように1カ月100記事5万円の案件を探して受注し、それをただ1カ月で終わらせられるよう取り組むだけです。

同じような案件がまたあるとは限りませんが、クラウドワークスやランサーズで地道に活動を続け、順調に記事単価を上げていけばいずれ達成するはずです。

また、月収5万円じゃ足りない!というのであればもっと稼ぐことも可能です。


クラウドソーシング「ランサーズ」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする