記事単価の高いお仕事を受注するのに大切な2つのこと

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法

前回で、①本業の知識を活かせる ②記事単価1,000円以上の案件 のみを受けていくことにしました。

これだけで月収は劇的に改善します。

これまでより記事単価の高い案件を受注するために、①報酬の低いお仕事をお断りする ②新しく応募する際は応募メッセージをブラッシュアップする ことが大切です。

 

 

報酬の低いお仕事はお断りする

クライアント様と永くお付き合いしていると、次から次にお仕事の受注を頂くことができ、辞め時が難しいものです。

しかし、収入を上げようと思ったら、自分の実力がついたと思ったらその段階で報酬の低い仕事をお断りすることが大切です。

 

記事単価と記事執筆の難易度はきれいに比例するわけではない

Webライターのお仕事では記事単価と記事執筆の難易度はきれいに比例するわけではありません。

ある程度は比例しますが、例えば1記事500円の仕事と2,000円のお仕事で難易度に4倍の違いはありません。

クライアント様によっては、2,000円のお仕事より500円のお仕事の方が難しいこともあります。

 

クライアント様にも予算がある

クライアント様と永くお付き合いをしていると報酬アップしてくれることもありますが、クライアント様にも予算があります。

1記事500円の案件で、どれだけ素晴らしい記事を書いたとしても2,000円までの単価アップはなかなか難しいでしょう。

一方、最初から1記事2,000円の記事単価で設定するための予算を組んでいるクライアント様であれば、クライアント様にご納得いただける記事を書くだけで2,000円の報酬を貰い続けることができます。

 

とはいえ、500円のお仕事より2,000円のお仕事の方がレベルの高いライターさんが集まるため、競争は激しくなります。

応募の際は過去の実績をしっかりと示せるようにしましょう。

 

一度全てのお仕事を断ったことが良い方向に働いた

以前1カ月に100記事の記事を書いたことで疲れ切ってしまい、その時引き受けていた全てのクライアント様との契約を打ち切ったことがあるとお伝えしました。

(もちろん、引き受けている分は納品してから、次のお仕事はひきうけなかったということです。)

この時は記事単価の低いお仕事しか受けていなかったため、その全てを断ることになり、結果として再開した時には全て以前より高い記事単価で仕事を受注することができました。

実際、この後受注したお仕事のほとんどは記事単価2,000円以上となりました。

記事単価平均2,000円であれば、週末2日で3記事ずつ25記事作成しただけで月収50,000円を超えます。

ある程度記事作成になれてきたら、次のステップとして、記事単価を上げるため、記事単価の低いお仕事で募集されているクライアント様とのお仕事を一度断ることが必要だと言えるでしょう。

 

応募メッセージをブラッシュアップする

報酬の低いお仕事を辞めたら、次の受注する案件はこれまでより記事単価の高い案件にしましょう。



クラウドソーシング「ランサーズ」

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法

  1. なぜ、副業Webライターがおすすめなのか?
  2. クラウドワークスやランサーズのタスクで受注実績をつくろう
  3. クラウドワークスやランサーズでプロジェクトを受注する
  4. 副業Webライターで月収5万円稼ぐために「時間辺り単価」を考える
  5. 本業と関わりのあるテーマを選ぶと稼ぎやすい
  6. 1ヶ月に100記事受注できれば月収5万円は簡単に達成できる
  7. 副業Webライターは好きなジャンルを選ぶと続きやすい
  8. 副業Webライターで月収5万円稼ぐために文字単価より記事単価を重視する
  9. 記事単価の高いお仕事を受注するのに大切な2つのこと
  10. 副業Webライターで月収5万円稼ぐため「月収アップを目指す」
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法
副業Webライターで月収5万円稼ぐため「月収アップを目指す」

ここまで、副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法をお伝えしてきました。 これまで書いてきたことをまと …

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法
副業Webライターで月収5万円稼ぐために文字単価より記事単価を重視する

1〜2カ月程記事執筆から離れてみて、もう一度副業Webライターで収入を得たいなと思っていた僕は、これ …

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法
副業Webライターは好きなジャンルを選ぶと続きやすい

1カ月に100記事もの受注をして、疲れ切ってしまった僕は、1〜2カ月記事執筆のお仕事から離れて本業に …