副業Webライターは好きなジャンルを選ぶと続きやすい

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法

1カ月に100記事もの受注をして、疲れ切ってしまった僕は、1〜2カ月記事執筆のお仕事から離れて本業に打ち込むことになりました。

とはいえ、この時期も比較的取り組みやすい2つの案件だけは継続して受注していました。

 

 

好きなジャンルと好きでないジャンル

この時期受注していた2つの案件は、本業に近いジャンルということもあり、比較的取り組みやすいものでした。

一方、この2つの案件は好きなジャンルとそうでもないジャンルにちょうど分かれていました。

 

インテリアに関する記事執筆

1つはインテリアに関する記事執筆のお仕事です。

このお仕事は、

  • 1記事の記事執筆料が300円
  • 1週間に作成する記事数が800字10記事

というものでした。

インテリアに関する記事執筆のお仕事は、多少本業に関する内容ということもあり比較的取り組みやすい内容でした。

一方、個人的にはインテリアにあまり興味がなく、どちらかというと好きではないジャンルでした。

このお仕事は記事執筆料が安かったということもあり、取り組んでいく内に記事執筆に苦痛を感じるようになってしまい、始めて2~3ヶ月で辞めてしまいました。

一生懸命作成した記事のクオリティが自分で見てもあまり高くないことが分かる程で、これも苦痛を感じる一因だったと思います。

 

不動産売買ノウハウについての記事執筆

もう1つは、不動産売買のノウハウに関する記事作成のお仕事です。

このお仕事は

  • 1記事の記事執筆料が500円
  • 1週間に作成する記事数は1,000字3記事

という案件でした。

この案件は、僕の理想とする本業にも活かせるお仕事で、好きなジャンルということもあり楽しくお仕事を受注できていました。

内容についても問題なく、毎週新しい知識を得ることもできていると感じていましたし、週に3記事程度の納品という頻度も適度な量と感じていました。

このお仕事は続けても良いかなと思っていましたが、100記事の記事執筆の案件で疲れ果ててしまった事もあり、そのタイミングでお仕事を受注するのを辞めました。

 

記事執筆料が500円と安かったことも理由の1つです。

 

この時期、いわゆる燃え尽き症候群になってしまっていました。

 

副業の場合、本業と違いやる気のない仕事を続ける必要は全くないので再開の見込みもなかったのですが、この時期好きなジャンルのお仕事を経験していたことで、後に副業Webライターに復帰することができたと思います。

 

また、燃え尽き症候群で一旦、全てのお仕事をお断りしたことが、この後良い結果につながっていきます。

 



クラウドソーシング「ランサーズ」

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法

  1. なぜ、副業Webライターがおすすめなのか?
  2. クラウドワークスやランサーズのタスクで受注実績をつくろう
  3. クラウドワークスやランサーズでプロジェクトを受注する
  4. 副業Webライターで月収5万円稼ぐために「時間辺り単価」を考える
  5. 本業と関わりのあるテーマを選ぶと稼ぎやすい
  6. 1ヶ月に100記事受注できれば月収5万円は簡単に達成できる
  7. 副業Webライターは好きなジャンルを選ぶと続きやすい
  8. 副業Webライターで月収5万円稼ぐために文字単価より記事単価を重視する
  9. 記事単価の高いお仕事を受注するのに大切な2つのこと
  10. 副業Webライターで月収5万円稼ぐため「月収アップを目指す」
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法
副業Webライターで月収5万円稼ぐため「月収アップを目指す」

ここまで、副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法をお伝えしてきました。 これまで書いてきたことをまと …

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法
記事単価の高いお仕事を受注するのに大切な2つのこと

前回で、①本業の知識を活かせる ②記事単価1,000円以上の案件 のみを受けていくことにしました。 …

副業Webライターで月収5万円稼ぐ方法
副業Webライターで月収5万円稼ぐために文字単価より記事単価を重視する

1〜2カ月程記事執筆から離れてみて、もう一度副業Webライターで収入を得たいなと思っていた僕は、これ …